スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノリッジ戦レビュー

アーセナル
ノリッジ
1st0-0
2nd3-1
total3-1
得点者:アルテタ(PK)、OG、ポドルスキ




アーセナル
(プレミア33節 vsノリッチ)
ジルー(6)
カソルラ(5.5)ジェルビーニョ(5.5)
ウィルシャー(6)
ラムジー(6)アルテタ(6.5)
ギブス(5.5)サニャ(6)
ベルマーレン(5.5) コシェルニー(5.5)
ファビアンスキ(6.5)



この試合は勝ったからよかったものの、負けていたら戦犯はジェルビーニョだったと思います。
カウンターのシーンでは数的有利にもかかわらず、一人で敵に突っ込んで、ボールを取られるし、GKと1対1の場面では、スリッピーなグランドの影響があったにしろ、トラップが大きくなるし・・・。(泣)

そのジェルビーニョと交代したポドルスキも最近出場がない影響もあってか(僕は前からそこまでいいとは思っていない)、精彩を欠くプレーを見せていました。しかし、最後の最後に追加点を取ったことは評価できると思います。


しかし、今回の試合のベンゲルの采配は結構当たっていたと思います。ウォルコットを先制されたあのタイミングですぐ入れたことや、サニャを削って、攻撃的な選手を入れたことで、選手全員に点をとるという明確な意思を示したことは評価できると思います。

まあ 監督の本当の仕事は、最初の11人の時点で結果を出すことだと思いますけど・・・

しかし、なんだかんだで、リーグ戦4連勝!
プレミアだけでいうと、ここ9試合で8勝!

CL出場権も見えてきました、しかし最後まで気を抜かず、最後に順位表を観たら

「あ、CL出れるじゃん」ぐらいな感じがちょうどいいと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガナリズム

Author:ガナリズム
サッカーをこよなく愛する皆さん

ご機嫌いかがですか?

プレミアリーグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。