スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウォンジー戦レビュー

スヲンジー アーセナル
1st0-0
2nd0-2
TOTAL0-2

得点者:モンレアル、ジェルビーニョ

29.png


ベンゲル監督が言うように、「この試合は何が何でも勝つ必要がある」試合だったと思います。
CL圏を目指すのであれば、ライバルスパーズとはこれ以上勝ち点差を開かれると正直厳しい。

そんな試合は前半は5分5分の展開。ディアビ、アルテタのボランチコンビは、うまくミチュを抑えることができず、危ない場面もありました。
攻撃はウォルコットが完全に押さえられ、逆サイドのチェンバレンとトップ下に入ったカソルラが2人で攻撃するという感じだった。

さすがに、これはまずいということで、ベンゲル監督は選手全員に喝を入れた様子で、プレスラインがあきらかに、前半とは異なり、GKフォルムまでジルーがプレッシングをしていた。

その戦術が功を奏し、アーセナルが後半は主導権を握っていました。しかし、相変わらず、攻撃はカソルラ頼み。

少し、アーセナルに焦りが出てきた、という時間帯にカソルラのドリブルからチャンスが生まれる。
カソルラが左サイドに流れて、ドリブルしてできた中央のスペースにジルーが陣取り、モンレアルにパス。移籍後初ゴールを記録した。

その後は、前がかりになったスウォンジーの裏をカウンターで突き、ジェルビーニョが追加点。


アウェーでシーズン序盤で敗れた相手にとりあえず、リベンジができてよかったです(^○^)
スパーズとこれで、1試合消化が少ない状態で勝ち点4差!!! 次のレディングにもこの調子で頑張ってもらいたいです。1試合1試合をものにすることが、来季につながると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガナリズム

Author:ガナリズム
サッカーをこよなく愛する皆さん

ご機嫌いかがですか?

プレミアリーグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。