FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルシー戦レビュー

chart06.png

レビューを書きたくないというのが正直なところだ。

なぜなら、同点に追いついてからの5分間くらいしか、ゴール前の迫力のある攻撃が出来ていなかったからだ。

前節のマンC戦の問題点というのが改善されていなかったのだ。

守備の面ではセットプレーの対応だ
前節のレスコットの得点はゴラッソと讃えるしかないが、チェルシー戦は違う。

1点目ではチェンバレンが得点には関与しなかったとはいえ、ダビド・ルイスに全くついていけてないし、
2点目はコシエルニーとマンノーネの意志の疎通がなされていない。

セットプレーは上背がたとえなくても、うまく体を当てたり、ディフェンダー同士の連携を高めることでこんなつまらない失点は防げるはずだ。

攻撃面ではシティ戦のレビューに書いたように、中盤のペナルティエリアに入ってくる回数が少なすぎる。

サンティ・カソルラについてはこの面で彼を評価することができない。
そう考えると、前任者のセスクやバルセロナのシャビはこの動きのタイミングが非常にうまい。

同じプレミアでいうと、リバプールのヌリ・シャヒンがうまい。今更ながら、争奪戦で負けていなければ・・・。

また話は変わるが、ジルーを先発で使うべきだったと思う。点こそ取れなかったが、彼の動きには非常に可能性を感じた。

またヴェンゲル批判としては、いい加減ラムジーのサイドハーフ起用をやめてもらいたい。 彼はダイナミズムのあるドリブルは素晴らしいが、パスセンスは口が裂けても一流とは言い難い。また、彼は中に切れ込んでしまう割にサイドバックの攻撃参加を生かさないので、チームに悪影響を及ぼしているとしかいいようがない。


最後に私は、アーセナルが負けたから批判をしているわけではないことを理解していただきたい。あくまでも、アーセナルが真のビッククラブとなるためにである。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガナリズム

Author:ガナリズム
サッカーをこよなく愛する皆さん

ご機嫌いかがですか?

プレミアリーグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。