FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウサンプトン戦レビュー

chart04.png
今節はジルーがお休み。 ボランチには代表戦でけがをしたディアビに代わって、コクランが先発。
GKにはシュチェスニーが復帰。

サウサンプトンは李はベンチ外、吉田はベンチスタートとなった。
三連敗中ながら、やっているサッカーは素晴らしい。


ジェルビーニョをワントップにするのは機能するのか観ていたが、ポドルスキともポジションチェンジを繰り返し、敵のディフェンスを翻弄していた。

前半11分にアーセナルに先制点が生まれる。 ポドルスキが中央で奪ってバイタルエリアに侵入。そこでディフェンスのギャップをついて、オーバーラップしてきたギブスにスルーパス。ギブスはダイレクトでクロス。それが敵ディフェンダーに当たってオウンゴール。
最近左サイドのポドルスキとギブスのコンビネーションがいいのは朗報。

ここで敵DFにアクシデント。28分から日本代表吉田がプレミア日本人で6人目のデビューを飾る。
しかしこのデビューはほろ苦いものとなってしまった。

31分、二点目はポドルスキのFK。

35分、吉田が裏を取られてジェルビーニョに突破を許して、そのままゴール。

37分、再びギブスのクロスがオウンゴールに。

前半だけでサウサンプトンは四失点。

しかしシュチェスニーのイージーミスで一点を取って、折り返す。


これで流れが変わるかと思ったが、その後も主導権はアーセナル。ボールを回しつつサイドに散らしてチャンスを迎えるが吉田が落ち着いた対応を見せる。 デビュー戦ながら攻撃の起点ともなっていたが味方が前半で疲れてしまった印象。

71分には途中出場のラムジーの敵DFをあざ笑うかのボールさばきからジェルビーニョが詰めて五点目。
ウォルコットとジルーも投入してよい形で試合を締めた。

結局終わってみれば6-1。実力の違いを見せつけた。

国際ナショナルマッチウィークの中断期間の影響を感じさせないいい試合だった。
この勢いでCLモンペリエ戦、週末のシティ戦も頑張ってほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガナリズム

Author:ガナリズム
サッカーをこよなく愛する皆さん

ご機嫌いかがですか?

プレミアリーグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。