スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メキシコ相手に・・・

chartjapan.png

先発はスペイン戦とエジプト戦と同じメンバー。

けがが心配された永井と東もスタメンに名を連ねた。

メキシコはドスサントスが注目選手としてあげられる。



試合は両チームお互いの様子をみながらの立ち上がりとなった。

清武が効果的なロングシュートを打つなど、惜しい場面がある中で

12分 東の横パスから大津の素晴らしいミドルシュートが決まる。

その後しばらく膠着状態が続き、30分を過ぎたところでメキシコにコーナーから
同点ゴールを許す。

ハーフタイムに関塚監督からどんな言葉があったかはわからないが

後半に入っても大した動きのない中で 

権田の軽率なスローから これまた扇原の軽率なターンを奪われて
失点。
後半ロスタイムには三点目も許す。

総括をすると 
決勝進出がかかった大事な試合でいままで味わったことのない
プレッシャーに選手が押しつぶされてしまって
自分たちのサッカーができなかったのが敗因だろう。

まだメダルの可能性は十分残されいる。
しかも相手はA代表ではライバルとなっている隣国韓国である。

関塚JAPANの集大成をみせてくれ!!
スポンサーサイト

vsスペイン レビュー

はっきり言って 思いがけない結果となった

メキシコに勝ったとはいえ その前のニュージーランド戦でみせた
あのプレーじゃあ タレント揃いのスペインとは相手にならない
と踏んでいた。

しかし、そんな予想は一瞬で消し去った。
大津、永井、清武らの前線からのハイプレス

山口蛍、扇原の豊富な運動量とパスセンス

徳永、鈴木、吉田、酒井の当たり負けしないボディバランスと闘争心

日本のサッカーの未来は明るいと思うと同時に 
2年前の南アフリカW杯のことも思い出した。

あのころは誰も日本代表に期待していなかったが
彼らは厳しい戦いを戦い抜いて結果を残した。

次は君たちの出番だ 若きサムライよ
先駆者たちの思いを胸に抱き、
異国の地で輝け!


オリンピックまであと6日!!

EUROが終わったと思っていたら

もうオリンピックですなー

今年は各クラブも選手のマネジメントが大変そう

U-23日本代表は27日にU-23スペイン代表と戦いますね

EUROやW杯でもわかることですが 

初戦に負けたチームはとにかく精神的にきついと思います


残念ながら今回の五輪代表は精神的支柱となれる選手が
OAにもいないのが現状です

GLを突破するには 初戦を落とさないことと


落としても立ち直る精神的強さ

必要だと思う

そのためには OAに選ばれた吉田、徳永には頑張って欲しいと思う

英国代表にギグス選出!

メジャー大会に参加できていなかったギグスをOAとして
召集するとはなかなか粋な計らいだなー

ウェールズにはラムジーもベイルもいるから
オリンピック限定じゃなくて ずっと英国代表にすればいいのになー

charte.png

予想なんで間違ってるかも
プロフィール

ガナリズム

Author:ガナリズム
サッカーをこよなく愛する皆さん

ご機嫌いかがですか?

プレミアリーグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。