スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quater-final イングランドvsイタリア

chart イングランド(vsイタリア)
出場停止明けのルーニーが先発。
キャロルと変わって出場する。


chart イタリア(vsイングランド)
イタリアは両サイドバック、キエッリーニとマッジョを下げて
アバーテとバルザレッティを先発。


試合は早い時間から動く。
立ち上がり、今大会攻守の要として活躍しているデ・ロッシがポスト直撃のシュート。

対するイングランドもクロスのこぼれ球をG・ジョンソンがフリーでシュート。
しかし、GKブッフォンのセーブに遭う。

その後は主導権の取り合いになるが
イタリアペースで試合が進む。

バロテッリやノチェリーノが決定機をつくるが
決めきれない。

延長戦でも決着がつかずPK戦へ

個人的にはこのPK戦の駆け引きがたまらなくおもしろかった

        イタリア       イングランド

一本目   バロテッリ      ジェラード
二本目   モントリーボ     ルーニー
三本目   ピルロ        A.ヤング
四本目   ノチェリーノ     A.コール
五本目   ディアマンティ    
合計       4           2

イングランドの二本目まで四人全員が左に蹴る中
ピルロがループシュートをきめて流れを変えたといえるだろう。

最終スタッツとしては
イタリア、シュート35本に対してイングランド9本

まあ イタリアが勝って然るべしという試合だった。

スポンサーサイト

Quqrter final スペインVSフランス

chart スペイン VSフランス

前節vsアイルランド戦の時のようなフェルナンド・トーレス先発はなく

セスクをトップに据えるいわゆる「0トップ」で臨んだ。


chart フランス vsスペイン

変更点は3つ
 第一に司令塔のナスリを外して右SBのドビュッシーをサイドハーフに上げて
レヴイェールをSBに入れた。
 第二は中盤の底のアルー・ディアラを下げて、マルダを入れた。
 第三は出場停止のメクセスに代えて、コシエルニー(アーセナル)!!


試合は守備的に入ったフランスがいかにスペインの攻撃を防ぐかというところに注目が集まった。

しかし、前半19分ドビュシーがジョルディ・アルバにサイドを崩されるとそのクロスに
シャビ・アロンソがヘディングで合わせて先制。

フランスの守り切って 一点先取で逃げ切る目論見は早くも崩れる。

後半20分にメネズ,ナスリを投入するも決定機をつくれず

終盤にPKを献上してシャビ・アロンソが冷静に今日二発目。


試合の総括としては
ブラン監督の「守備から」という姿勢は良かったが
守りながらも一発を決められる決定力のある選手がいなかったのが
バルサを倒したチェルシーとの違いだったというかんじだった。

スペインはパス回しという点では成熟されていたが、
決定的な縦パスが少なかったというところが少し気がかりなところだ。
もっと 守りながらも決定力があるチームと戦ったときが少し心配だ。

Quater final ギリシャvsドイツ

ギリシャ(vsドイツ)
 ギリシャは初戦から出ていたをゲカスをベンチに温存。


ドイツ(vsギリシャ)
 ドイツは大幅にメンバーチェンジCFで今大会3ゴールのゴメスや両WG のポドルスキミュラーもベンチスタート。


試合は前半からドイツが攻勢をかける。
そして 引いて守備ラインをつくるギリシャディフェンスをなかなか崩せない中
とうとう39分にラームの素晴らしいミドルシュートで先制。
レギュラーを三人落としながらも「さすが ドイツ!」という
試合運びだったはずが・・・

後半に入ってもドイツ主導でゲームを進めるが、55分にギリシャの素晴らしいパスワークから
サルピンギディスのクロスにサマラスが合せ同点!!


プレミア最終節のマンC対QPR戦、CL準決勝チェルシー対バルセロナを
彷彿させるような展開だった。


それがここまで国際Aマッチ14連勝中のドイツに火を付けてしまった。
その後合計24本(内14本枠のシュートを放ち
ケディラ、クローゼ、ロイスの三人がそれぞれ決め4-1とする。

その後 サルピンギディスがPKを決めたが結局ドイツが準決勝進出を決めた。

個人的には点が沢山入ったので 単純に面白かった

Quater-final チェコvsポルトガル(6・21・2012)

ポルトガル (EURO2012 vsチェコ) のフォーメーション
created by TextFormations:M :R
チェコ (EURO2012 vsポルトガル) のフォーメーション
created by TextFormations :M :R


 ロシツキーを怪我で欠くチェコはここまで代表選2キャップしかないダリダが先発出場!!!

 対するポルトガルはGLオランダ戦と変わらぬ布陣。

 チェコはそのダリダが前半終了時に走行距離6.71kmという
驚異的な数字が物語るように チェフを中心に守ってカウンターという戦術で挑むが、
CR7という飛び道具をもったポルトガルに試合終盤得点を許した。

 終始圧倒的な攻撃力をみせたポルトガルがスペインとフランスの勝者と27日ファイナルへの
切符獲得のため戦う。

残り少なくなりましたが・・・

書いていなかった間にEUROが開催中!!!

ここまで 基本全試合見ています!
(生ではないですが)

なので 遅いですか これからEUROのレビューを書いていこうと思います
プロフィール

ガナリズム

Author:ガナリズム
サッカーをこよなく愛する皆さん

ご機嫌いかがですか?

プレミアリーグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。