スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/8vs Liverpool

GmtQETq.jpg



だいぶ久しぶりの更新となります!

今日なぜ更新したかというと、例のごとくアーセナルの試合がひどかったためです。泣

まあ、前置きはそのくらいにして、選手の評価と行きましょう!(10段階評価)


続きを読む

スポンサーサイト

フルアム
アーセナル

1st0-1
2nd0-0
total0-1

得点者:メルテザッカー


アーセナル
ジルー(6.5)
ロシツキー(6)
カソルラ(6)ウォルコット(5)
ラムジー(6) アルテタ(5.5)
モンレアル(6.5)サニャ(5.5)
コシェルニー(6) メルテザッカー(6.5)
スチェスニー(7)



全体の感想からいうと、単調な試合だったと思います。
アーセナルは最近、前からのプレスを多用していますが、そのギャップをフラムにうまく突かれて、なかなかうまくいかない時間帯が続きました。

さらに、12分にシドウェルが退場すると、フルアムは完全に8人でブロックを作って、前線のベルバトフを起点にカウンターというわかりやすい形。 これで、アーセナルの攻めはさらに難しくなりました。
前線のジルーにボールを当てようとしても、ハンゲランドとセンデロスという巨漢二人の壁が厚く、ターゲットが見つかりません。

フルアムにボールを持たされて戦い続けていた、前半終了間際、ウォルコットのFKから、ファーのコシエルニーが折り返して、最後はメルティ(笑)

その後もチャンスを生かせず、というよりはチャンスを作れず、フルアムにカウンターを食らい続けました。
しかし、シュチェスニーを中心に何とか守りきり、試合は終盤へ。

試合終了間際、厳しい判定でシジルーが退場し、さらに防戦一方に。

しかし、今年のアーセナルはなぜかこういうシュチュエーションに強い。そのまま逃げ切り、勝ち点3を得ました。
ジルーの出場停止は不安要素ですが、次のマンU戦に向けて、とりあえず勝ち点3を得られたのは良かったと思います。

Goal.comの記事の見出しも、内容には不満だが、結果に満足のベンゲルってのが最近多い気が・・・)


ジュビロvsエスパルス

清水
ジュビロ

1st0-0
2nd1-0
total1-0



ジュビロ磐田
金園英学(5.5) 前田遼一(6)
山本康(6.5) 小林裕紀(5.5)
山田(6.5)駒野(5.5)
チョ・ウヨン(6)
藤田(6)伊野波(6)
チョ・ビョングク(6)
川口(6)



正直もうやばい。6試合勝ちなし。
日本代表最多チームが。

選手は本当にいいだけにあとは戦術が浸透するかどうか。
セットプレーの失点が多すぎるので、そこの対策は明らかに不十分。

静岡ダービーということもあって白熱した試合を期待していたが、前半15分までは一方的に磐田ペース、そのあとは両方とも沈黙。後半にはいって残り15分で清水が攻勢を強めたという図式。

その最初の15分で点を決められないと、6試合勝ててないチームにとっては厳しい。

「是が非でも早く初勝利が欲しい。」選手全員がそう思うあまり、空回りしている感があるジュビロ。
どこまで平常心でプレーできるかが今後重要だと思う。



ノリッジ戦レビュー

アーセナル
ノリッジ
1st0-0
2nd3-1
total3-1
得点者:アルテタ(PK)、OG、ポドルスキ




アーセナル
(プレミア33節 vsノリッチ)
ジルー(6)
カソルラ(5.5)ジェルビーニョ(5.5)
ウィルシャー(6)
ラムジー(6)アルテタ(6.5)
ギブス(5.5)サニャ(6)
ベルマーレン(5.5) コシェルニー(5.5)
ファビアンスキ(6.5)



この試合は勝ったからよかったものの、負けていたら戦犯はジェルビーニョだったと思います。
カウンターのシーンでは数的有利にもかかわらず、一人で敵に突っ込んで、ボールを取られるし、GKと1対1の場面では、スリッピーなグランドの影響があったにしろ、トラップが大きくなるし・・・。(泣)

そのジェルビーニョと交代したポドルスキも最近出場がない影響もあってか(僕は前からそこまでいいとは思っていない)、精彩を欠くプレーを見せていました。しかし、最後の最後に追加点を取ったことは評価できると思います。


しかし、今回の試合のベンゲルの采配は結構当たっていたと思います。ウォルコットを先制されたあのタイミングですぐ入れたことや、サニャを削って、攻撃的な選手を入れたことで、選手全員に点をとるという明確な意思を示したことは評価できると思います。

まあ 監督の本当の仕事は、最初の11人の時点で結果を出すことだと思いますけど・・・

しかし、なんだかんだで、リーグ戦4連勝!
プレミアだけでいうと、ここ9試合で8勝!

CL出場権も見えてきました、しかし最後まで気を抜かず、最後に順位表を観たら

「あ、CL出れるじゃん」ぐらいな感じがちょうどいいと思います。



ベスト8 バイエルンvsユベントス

BAYERN.jpg
ユーベ

1st 1-0
2nd1-0
total2-0


バイエルン
マンジュキッチ(6.5)
クロース(6)
リベリー(7.5)ミュラー(6.5)
シュヴァインシュタイガー(6) ルイス・グスタボ(6.5)
アラバ(6.5)ラーム(6.5)
ダンテ(6.5) ファン・ブイテン(6.5)
ノイアー(6)



開始30秒での先制ゴールはまさに「目の覚める」一発だったと思います。ブフォンのポジションミスかと思いきや、スローで見ると、ディフレクションでDFに当たっていました。
でも、シュートは打たないと入らないんで、これはアラバを褒めたいと思います。

その後もクロース負傷交代というアクシデントはありましたが、終始バイエルンペース。クロースは可哀相だけど、その途中交代のロッベンが彼の代役以上の活躍をみせてくれました!

一方ユーベは、ピルロからの「タッチダウンパス」も、前線のマトリ、クアリャレッラと合わず、全く攻撃の形ができていませんでした。
ブチニッチ不在の影響もありますが、それ以前のコンディションや、CL慣れしていない部分がでてしまったような気がしました。
唯一、ユーベではビダルが孤軍奮闘していました。
これでは厳しい。

まだ2ndlegも残ってますが、正直今のバイエルンは抜け目がない!!
よくアーセナルはこんなチームに2-0で勝てたなと思いました!!(笑)
今の彼らはたとえ1stlegで大勝したとしても、油断するとは思えません。

プロフィール

ガナリズム

Author:ガナリズム
サッカーをこよなく愛する皆さん

ご機嫌いかがですか?

プレミアリーグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。